通常版と朱雀版の相違点

ここでは、さる山さる子の「算命学命式算出ソフト」通常版=「朱雀」以外全部)と、「算命学命式算出ソフト朱雀」朱雀版の相違点について解説しています。
そもそも「朱雀版」は、朱学院で学ばれた方に依頼されて特に作成したものですから、この違いは流派の差(どちらが正しいかは分かりません。ご自分で判断なさって下さい。)と言えるのかも知れません。
尚、朱雀版は元々はカスタム版として作成しましたが、要望が多かったので販売する事になりました。

さる山さる子の「算命学命式算出ソフト」(通常版)は、一部を除き『原典算命学体系』をはじめ、算命学第十三代宗家高尾義政氏が著した著作、又、氏の講義資料の趣旨に基づいて作成してあります。


* 「算命学の基礎理論」や「言葉の定義」が分かっていないと、占技を学んで答えを出す事が出来ても、それを解釈する事が出来ません。「算命学の基礎理論」等をしっかりと学びたい方は、是非さる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」(短期集中講座のブートキャンプもあります。)で学んで下さい。他のお教室に通われている方も歓迎します。実際、他の教室で学ばれている方もおられます。

 

相違点

  1. 人体星図東方・中央・西方に表出する十大主星(を算出する元となる二十八元の干)の取り方
  2. 節旬の年齢(何歳運か)の計算方法
  3. 八門法


詳 解

1 人体星図東方・中央・西方に表出する十大主星(を算出する元となる二十八元の干)の取り方の相違

(1) さる山さる子の「算命学命式算出ソフト」(通常版)での計算方法
※算命学第十三代宗家高尾義政氏が著した『原典算命学体系』に基づくもので、いくつかの流派以外では、この計算方式が採用されています。

  • まず、算命学では時間の最小単位を「日」と考えています。そして日は「間」ではなく「点」だと考えています。
  • 「間」は点と点のあいだに生まれるもので、例えば、2月4日と2月11日のあいだには7日間の時間がある訳です。
  • 二十八元表を見ると、例えば「寅」であれば初元=戊7日間、中元=丙7日間、甲節明とありますが、ここで7日ではなく7日間と記載されているのは、「点」ではなく「間」を表しているからです。
  • 例えば、陰の年生まれの男性(逆回り)が2月11日に生まれた場合、その年の立春が2月4日だとすると、11-4=7日間となるから、月支の「寅」の二十八元の内、初元の「戊」が人体星図中央に表出する十大主星の元(の干)となります。

(2) さる山さる子の「算命学命式算出ソフト朱雀」(朱雀版)での計算方法

  • 詳細な理論は把握していません。
  • 例えば、陰の年生まれの男性(逆回り)が2月11日に生まれた場合、その年の立春が2月4日だとすると、11・10・9・8・7・6・5・4と数えて8日間と考えるそうです。
  • この場合、月支の「寅」の二十八元の内、中元の「丙」が人体星図中央に表出する十大主星の元(の干)となります。

(3) この様に、通常版と朱雀版では、生年月日によって人体星図(東方・中央・西方)に表出する十大主星が異なる場合があります。

 

2 節旬の年齢(何歳運か)の計算方法の相違

(1) 通常版での計算方法
※算命学第十三代宗家高尾義政氏が著した『原典算命学体系』に基づくもので、いくつかの流派以外では、この計算方式が採用されています。

  • 例えば、陰の年生まれの男性(逆回り)が2月11日に生まれた場合、その年の立春が2月4日だとすると11-4=7日間となります。
  • 上で計算した答えである「7」を3で割って、出て来た答えの小数点第一位を四捨五入します。
  • 7÷3=2.33~となるから、小数点第一位を四捨五入して2歳が節旬の年齢(2歳運)となります。
  • 例外として、答えが0になる場合は1歳運、11になる場合は10歳運と看做します。

(2) 朱雀版での計算方法

  • 例えば、陰の年生まれの男性(逆回り)が2月11日に生まれた場合、その年の立春が2月4日だとすると、11・10・9・8・7・6・5・4と数えて8日間と考えるそうです。
  • 上で計算した答えである「8」を3で割って、出て来た答えの小数点第一位を切り上げるそうです。
  • 8÷3=2.66~となるから、小数点第一位を切り上げて3歳が節旬の年齢(3歳運)となります。
  • 例外として、答えが11になる場合は10歳運と看做します。

(3) この様に、通常版と朱雀版では、生年月日によって節旬の年齢(何歳運か)が異なる場合があります。

 

3 八門法の相違

(1) 通常版での計算方法
※算命学第十三代宗家高尾義政氏の著書、講義資料等に基づくもので、いくつかの流派以外では、この計算方式が採用されています。

  • まず、算命学八門法には「人間の器を図る占技」と「エネルギーの効率的な使用法を判定する占技」があります。
  • そして、何を知りたいのかによって点数計算の方法が異なります。
  • 「エネルギーの効率的な使用法を判定する占技」においては、天元(天干)と地元の干(人体星図東方・中央・西方に表出する十大主星を算出する元となる二十八元の干)のみを使用するのに対し、「人間の器を図る占技」においては生年月日の干支配列(陰占)に表出した全ての干を使用します。

(2) 朱雀版での計算方法

  • エネルギーの効率的な使用法を判定する為の占技なのかは分かりませんが、一種類の計算法だそうです(依頼者談)。
  • 天元(天干)と地元の干(人体星図東方・中央・西方に表出する十大主星を算出する元となる二十八元の干)のみならず、それ以外の二十八元の干も全て使用します。

(3) この様に、通常版と朱雀版では、生年月日によって八門法の答えが異なる場合があります。

 


* 「算命学の基礎理論」や「言葉の定義」が分かっていないと、占技を学んで答えを出す事が出来ても、それを解釈する事が出来ません。「算命学の基礎理論」等をしっかりと学びたい方は、是非さる山さる子の算命学教室、略して「さる命学教室」(短期集中講座のブートキャンプもあります。)で学んで下さい。他のお教室に通われている方も歓迎します。実際、他の教室で学ばれている方もおられます。