歩くのが一番&セルフ整体

日々、マスクをしての生活で、その状態に慣れつつありますが、呼吸が浅くなっていることに気づいている人もいるのでは、ないでしょうか。
 

深呼吸をしても、なんだかスッと胸の奥まで入っていかないな、と感じる人もいると思います。
 

呼吸の浅さに気づいたら、歩こう!

鎖骨の下から肋骨の間を指で押して痛みを感じる人は、だいぶ呼吸が浅くなっており、肩こりや首凝り、中には頭痛を引き起こしている場合もあります。
 

以前にも何度か、呼吸の浅さと身体の硬さのお話しをしてきましたが、呼吸の浅さが、様々な症状を起こす引き金になります。
呼吸がしづらいなと思ったら、お勧めなのが歩くことです。
 
10分~20分では効果はありませんので、30分以上は歩くようにしてください。
股関節を動かすことで、お腹の筋肉も緩み、肋骨に動きが出て来ます。
 

環境的に外に出ることが難しい人もいるでしょう。
そういう方は、是非、柔軟体操をしてください。ラジオ体操をするのも良いでしょう。
 

ワンポイントセルフ整体

それ以外にも、どこでも出来るワンポイントセルフ整体を、お伝えしたいと思います。
 

① 鎖骨の下の肋骨を押さえて痛みがある人は、その部分(肋骨と肋骨の間)を親指以外の四指を使い、少しだけ圧を加えて胸の中心から脇に向かって押し流すようにします。
10回~15回くらいで良いでしょう。
(右胸は左手で、左胸は右手で行います)
 

② 次に、脇の下にある肋骨部分に、また四指をあてて、背中の方から胸に向かって(右脇なら左手で行う)、少し強めに前に引っ張るというか、引いていきます。これも10回~15回行うと良いでしょう。
 

終わった後に、深呼吸をしてみてください。胸が開き、呼吸がしやすくなっているのでは、ないでしょうか。
これを、散歩と組み合わせるとか、ラジオ体操と組み合わせると、効果がアップします。
 

是非、試してみて下さいね。
 

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

オンラインメニューをご利用下さい!

 オンライン講座

 オンライン占い・カウンセリング
 

歩くのが一番&セルフ整体 への4件のコメント

  1. 匿名

    画像入りでわかりやすかったです。
    整体の記事は画像があるとうれしいです!

    「人との距離が保てる環境であれば、マスクを外して歩いて下さい。」は具体的な距離を加えたほうが良かったのでは?
    ウォーキングの体液は飛沫4メートルみたいな報道も多く、スポーツ庁のHPでもマスク着用を推奨していましたので、気になってしまいました。

    返信

    1. さとう

      コメントありがとうございます。
      自撮りで挑戦してみました。(笑)

      ご指摘、ありがとうございます。
      マスクの件については、様々な意見があるようなので、
      記事からは取り下げました。

      返信

  2. may

    さる山さん、お元気ですか。今日の記事ありがとうございます☺️
    1ヶ月ほど前から、以前痛めたことがある鎖骨下肋骨上がしくしく痛みます。ちょうど今日教えていただいた場所です。
    そうか、呼吸が浅いのですね。歩かなくなった連休は特に痛みがありました。
    ナットク❗世の中落ち着いたら、絶対伺います。

    返信

    1. さとう

      mayさん、コメントありがとうございます!
      さる山一同、皆、元気です。

      セルフ整体の効果が出ると良いのですが。
      痛みが続くようでしたら、お医者様に診てもらってくださいね。

      世の中が早く落ち着くよう、私も願っております!
      お待ちしてますね。

      返信

may へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL