十二支の解説

解説を見たい文字をクリックして下さい。

   十二支

→ 

 

子

陽水性、北方・寒の気。若年期の運命は良好ですが、中年期に落ち込み、晩年期に再び良好となります。人生において、幸運な時と不運な時の差が激しい(人生の波が荒い)傾向があります。行動に知恵が加わることで、運命が好転します。子ども運は良好ですが、子どもがない場合は、財に恵まれます。

↑一番上に戻る

 

丑

陰土性、北方土用・湿寒の気。表面は柔軟ですが、内面は強情で、自我が強いという特徴があります。人生の歩みは遅く、中年期以降において、運命が良好となります。動乱を好みはしませんが、動乱の中でも、十分に才を発揮することができます。

↑一番上に戻る

 

寅

陽木性、東方・湿寒の気。何かを守ることに優れます。独立独歩の気風を持ち、洞察力に優れ、物事(所有物や環境等)をうまく活用する才を所有し、人生を力強く歩みます。

↑一番上に戻る

 

卯

陰木性、東方・湿の気。和合の精神・協調性を所有するため、組織の形成・運営に向いています。時代を見る目は確かで、平和安定期においては体制に与しますが、動乱期においては、無法者となります。人生において、幸運な時と不運な時の差が激しい(人生の波が荒い)傾向があります。政治・経済の分野において、才を発揮します。表面は柔軟ですが、内面は剛胆な所があります。

↑一番上に戻る

 

辰

陽土性、東方土用・湿暑の気。願望があっても、それを行動に移すことができ難く、心に葛藤を抱え易い傾向があります。幸運をつかむ者と不運をつかむ者の両極端に分かれます。稀に、新しい時代(習慣や価値観等)を切り拓く才を所有する者が生まれることがあります。

↑一番上に戻る

 

巳

陰火性、南方・湿暑の気。直感が良く働きますが、理論と反する際は、葛藤が生まれます。感受性が強く、芸術の才を所有します。外面は明るいが、内面に孤独、暗さを抱えています。親兄弟親戚と疎遠になる傾向があります。

↑一番上に戻る

 

午

陽火性、南方・暑の気。表面も内面も共に明るいですが、周囲を気にすることなく、思いのままに振る舞うことがあり、それ故に、人生の進展を阻まれることがあります。激しい気質を所有しますが、性情は明るく、人間味があり、正直であるため、敵は多くありません。

↑一番上に戻る

 

未

陰土性、南方土用・燥暑の気。傍からは暗そうに見られますが、内面は明るく、剛情で忍耐強いという特徴があります。一芸に秀でることはありませんが、多芸多才で、若年期から中年期に良好な運命となります。財に恵まれ、波乱のない平穏な人生を歩みます。

↑一番上に戻る

 

申

陽金性、西方・燥暑の気。動乱の中でこそ、その真価を発揮します。思考よりも行動を重んじます。行動は迅速で、情に流されることがありません。多芸多才で、実行力がありますが、纏まりがなく、器用貧乏となるおそれもあります。

↑一番上に戻る

 

酉

陰金性、西方・燥の気。直情的な面を所有し、利よりも名を取るところがあります。幼少期には迷いが多く、人生の目的が確立した後に真価を発揮します。貧しい家庭に育てば、成人後に名を成しますが、裕福な家庭に育つと、名を成すことがありません。

↑一番上に戻る

 

戌

陽土性、西方土用・燥寒の気。商才、貯蓄の才、人の和を保つ才を所有します。ユーモアがあり、社交的で、多くの人に好かれます。時に、他家や他人が築き上げたものを受け継ぐことがあります。

↑一番上に戻る

 

亥

陰水性、北方・燥寒の気。粘り強く、困難にも挫けませんが、孤独には弱いという特徴があります。日常生活における知恵が回ります。

↑一番上に戻る


「整体占い」に興味がある方は、こちら『整体占い』

「占い」に興味がある方は、こちら『占い(算命学)』

算命学を学んでみたくなった方は、こちら『算命学教室』

算命学の詳細なソフトが欲しい方は、こちら『算命学命式算出ソフト』