整体占いとは

 私は元々整体施術者でした。(あ、もちろん 今もですが)
そして、今は亡き父は、算命学の占い師でした。

 占い師である父は、それまでもときどき私にアドバイスをしてくれていたのですが、占いに興味がなかった私は、父の話をまともに聞こうとはしませんでした。

 ところが、そんな私が整体施術者として経験を積むにつれて、父の話と人の体のことに、符合を見いだすようになったのです。
そうなると、急に占いに興味が出てきて、山のようにある父の占いの資料を読みあさるようになりました。

 そして、うさんくさいとすら思っていた占いが、非常にまっとうな『学問』であったことに気付いていきます。
そこには体のことはもちろん、自然科学や人間学など、数千年に渡って蓄積された智恵が盛り込まれていたのでした。

 私が占いに興味を示すと、父はがぜん張り切って、私に占いを教えてくれるようになりました。
父はもともと占いを人に教えていたので教え方もうまかったのですが、そのときの私は体に関することしか興味がなく、他のことはあまりまともに聞きませんでした。父を亡くした今、本当にもったいないことをしたものだと思います。

 算命学の占いでは、生年月日からその人のもともと持つ性質が出てきます。

 木の性質、火の性質、土の性質、金の性質、水の性質、さらに陰と陽の10の基本タイプに分類され、さらにいろんな組み合わせからその人の生まれ持った性質や、どんな人生を歩むべく生まれてきたのかという宿命や、他の人との相性などを読み解くことができます。

 でも、そこでちょっと違和感も感じます。

 生年月日が同じ人は、同じ性質・同じ宿命を持っています。でも、実際には生年月日が同じ人であっても、同じ人生を歩んだりはしません。
なぜなら、その人の持つ環境はそれぞれで、周りの人の性格や考え方、はたまた体験などの影響を受けながら、人は行動していくからです。

 

 しかし、整体施術者として人の体に触ってきて、体からその人の情報が読み取れることが分かってきました。

 人の体に触る仕事をしている人は、かなりの確率でこれができると思うのですが、その人が日々どんな気持ちで生活しているのか、考え方の傾向はどうか、最近起きた出来事は?など、手を通して相手の情報が伝わってくるのです。

 そして占いから見えるその人の宿命に、手を通して体から伝わってくる情報を組み合わせることによって、その人の今が感じられるようになったのです。

 このように算命学という占いに、体からの情報を組み合わせたもの、これが『整体占い』です。

私が担当します

佐藤