整体占いについて、もっと詳しく

1 「整体占い」の成り立ちについて

 「整体占い」とは、整体と算命学による占いを融合させたものです。

 「整体」とは、体のバランスを整える民間療法なのですが、それを生業としていた佐藤(株式会社さる山さる子設立メンバーの1人。現取締役。)は、多くの人の体に触れる機会に恵まれました。その中で、体の不調やアンバランスは、その人の心や精神状態と密接に関連しているのだと気が付きました。そして、体のバランスを整えようとすれば、体のことにだけ向き合っても限界があり、どこかで、心や精神に向き合う必要がある(そうしなければ、体のバランスが完全に整うことはない)と悟ったのです。

 では、具体的に、どのように心や精神を調整したら良いのか、そもそも、どのようにして心や精神を捉えれば良いのかと途方に暮れていた時、佐藤は、算命学の講師であった父から、それならば、算命学を学んでみてはどうかと勧められました。

 「算命学」とは、一般的には「占い」(予測の術)と思われることが多いのですが、実際には、古代中国人が、自然を観察することによって、人間とは何であるか、人間とは如何に生きるべきなのかを知ろうとした結果、生まれて来た思想、或いは、哲学である(決して、統計学ではない)と言えます。

 陰陽説、五行説というと、多少馴染みのある人もいるかも知れませんが、それらの思想・哲学を元にして成り立っている(そもそも、陰陽説、五行説は、古代中国人が自然を注意深く観察した結果、生まれて来た思想である。)のが、算命学なのです。 尚、算命学が古代中国で生まれた「占星術」である、と言われるのは、天文観測の結果から生まれた暦(生年月日の干支)を使用して、人間の運命を考察しているからです。

 無論、算命学は、占いの術でもあるのですが、これは、あくまでも、算命学という思想に依拠して(自然の姿を基準に)人間の運命を考えると、このような性質の人物が、このような環境に身を置いた時は、このような道筋(人生)を辿る(歩む)ことになるだろうと推測している(占っている)、ということです。

 算命学では、人間は、霊魂(精神)と肉体(行為)から成り立っていると考えています。これは、人間の心(これがあってこそ、人間は人間たり得る。)、そして、人間の運命は、霊魂(精神)と肉体(行為)から成り立っている、ということでもあります。

           霊魂と肉体

 また、算命学では、人間の霊魂(精神)と肉体(行為)は、心を通じて結び付いている、とも考えています。具体的に言うと、これには、霊魂(精神)の世界で多くの動機が生まれ、それらは、心において取捨選択され、そして、どのような手段によって、実行するのかが決定され、その後、実際に肉体を動かすことによって、現実の世界に現れる(他人にも影響を及ぼす行為となる)、というルートと、逆に、肉体を動かすこと(行為)によって得た経験が、心を通じて(その人なりの受け取り方をして)、霊魂(精神)を形成していく(変化させていく)、というルートがあります。

      気・心・体

 このように、算命学では、霊魂(精神)、心、肉体(行動)は、密接に関連していると考えている訳ですが、この話を聞いて、佐藤は、体のバランスだけを調整しても、すぐに崩れてしまって、中々整わない理由は、ここにあるのではないかと思うようになったのです。

 時は流れ、オーナー広重、プロデューサーそらまめ(株式会社さる山さる子現代表取締役社長)、店長兼施術者佐藤の3人で、共同事業を始めることになった際(この経緯に興味のある方は、さる山さる子著『父さんの会社が倒産した』をお読み下さい。)、佐藤の話を聞いたそらまめは、整体と占い(算命学)を融合させ、体だけではなく、心や精神に迄向き合う「整体占い」という新しい分野(技術)を創り上げていこうと提案しました。そして、この提案に賛同した3人は、試行錯誤を繰り返し、「整体占い」を概成させ、今猶、それを深化させ続けています。

 気・心・体の総合的なバランスを整える「整体占い」は、このようにして生まれたのです。


2 「整体占い」の要領について

 「整体占い」では、まず、お客様の現在の状態を知る為に、お体に触れさせていただきます。これは、お客様の体の状態を確認する為に行う手順ですが、この段階で、体のアンバランスの原因となる場所、時には、その原因迄も分かる場合があります。しかし、体がそれなりに整っていれば、また、防御本能が強く現れれば、何も読み取ることができない場合もあります。

チェック

 次に、算命学を使用して、占いをしていくのですが、この段階では、最初に、現在の悩みや気になっていることをお伺いします。ここで、占い師なんだから、何に悩んでいるかを当てたら良いじゃないか、と思われるかも知れませんが、さる山さる子の占いは、当てる(推測する)ことを重視していません。悩みや気掛かりを当てる(推測する)よりも、それをどのように解消し、自分の望む人生を歩む為には、どのような点に留意すれば良いのかを知る(考える)方が、余程有意義だと思うのです。

 ところで、巷に数多くある占いは、命術、相術、卜術というように、大きく3つのタイプに分類することができます。命術(運命学とも言う。)は、人間には持って生まれた運命(宿命)があるという前提の下、個人の誕生日を使用して、それを占おうとするもので、算命学は、これに属しています。故に、算命学を使用する「整体占い」では、誕生日をお聞きし、それを使用して、占いをしていくことになります。

 よく「算命学の占いは、どうして誕生日を使うの?」と聞かれますが、これは、その人物の運命(算命学の定義によれば、「物事の始まりから終わり迄の道筋」を言う。)の出発点が、その人物がこの世に誕生した瞬間(誕生日)にあるからです。即ち、運命は、出発点において、ある程度は定まっている(但し、後天的に変えることができるものも多い)ということです。

 因みに、相術(相学)は、その人の今の状況は、形(相)に現れるという前提の下、様々なものの形を見ることによって、様々なことを占おうとするもので、手相や人相がこれに当たります。卜術は、その人がその時に必要なことは、偶然の中に現れるという前提の下、筮竹やカード、サイコロなどを使って、様々なことを占おうとするもので、易やタロットがこれに当たります。

占い

 さて、算命学は、運命学派の仲間であるから、人間には、持って生まれた運命があると考えています。無論、この世界は、動の世界(物事が常に動いている世界)であるから、当然、人間の運命もまた、動であり(但し、静たる(動かない)運命もあり、算命学では、それを「宿命」と呼んでいる。)、個人の望みのままに変化させ得る(決して、運命の通りに生きろとは言っていない。)のですが、しかし、算命学では、持って生まれた運命(ここでは、その個人の「本質」を言う。)に沿って生きる方が、満足を感じ易い(但し、それを選ぶのは本人であり、何者にも強制されることはない)と考えています。

 簡単に言えば、もし、自分が何か大きな不満や悩みを抱えているのだとしたら、自分の本質に沿わない生き方をしているのではないかと疑った方が良い、ということで、算命学では、ここで言う自分の本質を、生年月日(個人の時間の出発点)に求めているのです。

 しかし、生年月日から、個人の本質を導き出すことができた(あくまでも、算命学の理論によれば、ということ)としても、現在自分が身を置く環境(現在の状態)が分からなければ、本質と現状のずれを把握することができません。あるべき姿と現在の状況を共に知らなければ、自分の運命を望むように変化させることはできないのです。

 このような理由から、お客様に現在の状況を色々と質問させていただくことになるのですが、これは、決して、占いが当たったように見せかける為でも、興味本位で行っている訳でもありません。そもそも、さる山さる子の占いの目的は、何かを当てることではなく、自分が望む運命を形成する為には、どのようにすべきかを考え出すことにあるのです。

 お体を触らせていただき、お話を聞かせていただくことで、お客様の現在の状況を把握し、それと、お客様の生年月日から導き出した(算命学の理論を適用した)本質を併せて考察することで、気・心・体のバランスを取ろう(不満や悩みを抱えているのであれば、それを少しでも軽くしよう)とするのが、占いの段階なのですが、時に、お体の状況を再度確認させていただく場合があります。

 これは、色々な話を聞かせていただいたことによって、体から受け取ることができる情報が増えている場合があるからです(隠れていた感情が、体(表)に現れる場合があるので、それを確認する為。決して、霊感等を使用している訳ではありません。さる山さる子のスタッフに、霊感やスピリチュアル的な感覚は一切ありません。あくまでも、物理的なことです。)。

 また、不満や悩みの原因が、対人関係(自分以外の誰か)にある場合があります。算命学的には、対人関係(他人の行為)も、全ては自分自身が招いていること、なのですが、しかし、相手を知ることで、不満や悩みを解決することが容易になる場合も多いことから、別料金をいただくことにはなりますが、ご希望があれば、お客様ご自身のみならず、何らかの関係がある人物の占い(相性を含む。)もさせていただきます。但し、追加料金をいただいても、規定の時間が延長される訳ではありませんので、もし、時間内に収まらないようであれば、別途延長料金をいただくことになります(無論、事前にお客様に確認致します。)。

 尚、特に悩みもないし、別段知りたいこともないのだけれど、「整体占い」って面白そうだから来てみた、というお客様が時々いらっしゃるのですが、さる山さる子では、そのようなお客様も大歓迎です。無論、こちらはプロとして、占いにも、整体にも、手を抜くということはありませんが、面白がって、或いは、興味本位で来ていただいて、笑って帰っていただければ、とても嬉しく思います。

整体 整体

 最後に、お体を整えて、「整体占い」は終了となります。この際、再度お体を触らせていただくことになるのですが、この時点で、劇的に体の状態が良くなっているお客様も多く、やはり気・心・体は、密接に結び付いているのだと、さる山さる子スタッフは、常に実感しています。

 しかし、「整体占い」を受けていただいたからと言って、必ずしも、何かが改善されるとは限りません。昼が突然夜になることがないように、少しずつ積み重なって悪くなったことは、やはり、少しずつ積み重ねて改善していくより他ないのです。肉体のバランスが大きく崩れている際は、定期的に整体に通われる等、継続的な調整(メンテナンス)が必要となります。また、精神的なことに向き合いたいと思えば、ただ見るカウンセリングというメニューもご用意しておりますので、ご利用いただければと思います。