タグ: 算命学

仲の良かった兄弟姉妹でも

小さい頃や、お互いが結婚するまでの間は、とても仲の良い兄弟だったのに、結婚した途端に疎遠になる兄弟は、結構いるのではないか。  かく言う私も、20代のころは、自分の彼氏がヤキモチを焼くほど、弟とは仲が良かったのだが、弟が … [続きを読む]

辛さを我慢し過ぎないで

精神的にも肉体的にも我慢強い方は、結構いるのですが、どちらも度が超えると、病気になってしまいます。  我慢強い方の中には、「こんなことは、誰でも我慢している。」と自分に何かを課して、辛さを押さえ込もうとする人がいます。し … [続きを読む]

占い依存症

20年くらい前に、占い依存症だった友人がいた。友人は、自分や家族の行き先の方向や動く時期、人との相性、名前など、様々な占いを使って行動を決めていたのだ。  行動力はあるし、頭も良いのだが、ちょっとした壁にぶち当たると、占 … [続きを読む]

ただ、『安心感』を得たい子育て

親が子どもに対して、早く結婚して落ち着いて欲しいと願う理由は、色々あると思いますが、その中で親自身が『安心したい』と思うことも多いのではないでしょうか。  その『安心したい理由』も人それぞれだと思います。世間体だったり、 … [続きを読む]

「気」の移動が起きる『連唐干支』

昨日の記事で、そらちゃんが私に謎かけのようなことをしていたのには、理由があります。 そらちゃんは、一般的な人の思考を知るために、凡人代表として私を選んだのです。(意識していたかどうかは分かりませんw)私の考えていることは … [続きを読む]

良いことも悪いことも心が決める

算命学を使い、お客さまの鑑定をしていると、 「それは、良いことですか?悪いことですか?」 と、よく聞かれます。その度に、 さとう 「物事に良い悪いは無くて、その人自身の心が決めているのです。」 と、お答えしています。  … [続きを読む]

お葬式の『白と黒』

湯灌の儀(ゆかんのぎ)とは、遺体を納棺する際に、納棺師がご遺体の身体を拭き清め、白装束に着替えさせ、髪の毛を整え、お化粧を施し、あの世への旅支度をする儀式です。 先日の義母の葬儀の際には、白装束の他にも、手甲や脚絆などを … [続きを読む]