お好み焼き屋さんでランチ

 

1ヶ月前くらいだったか、ブート(さる命学教室)があった日に、さる山の3人で、お好み焼き屋さんのランチを食べに行きました。

牛タン定食3つ。
 

お好み焼き屋さんなのに、牛タン定食を勝手に頼まれます。
隊長が看板で見つけ、お店の前を通る度に、気になっていたそうです。

牛タンは、私(さとう)も大好物なので、異論はありませんでした。
 

それでも、そらちゃんと私は、お好み焼きが気になります。
 

そら 「お好み焼き、食べたいよね。1枚を3人で分けて食べようよ。」

さとう「サンセーイ!」
 

ということで、牛タン定食に加え、「一万城DX焼」を注文しました。
 

私が混ぜます♪

そして、次に「一万城DX焼」です。
具材が山盛りになった、大きな丼が運ばれてきました。(さすが、DX)
 

さとう 「ひゃ~、デカイね。よし、かき混ぜるか。」

隊長 「りえちんは、ヘタクソなんだから、そらまめさんが作った方が良いですよ。」

さとう 「これくらい出来るよ!」

そら 「そうだよ、混ぜるくらい出来るよ。」

さとう 「うんしょっ、どっこらしょ、やばい、具が多すぎて混ぜられん。」
 

そこへ、店員さんが登場し、
 

店員さん「こちらでお作りしましょうか?」

さとう 「はい!お願いします!」
 

速攻で、良いお返事をしました。
店員さんが、私の作業を見かねて、声をかけてくれたのです。
 

隊長 「焼いてくれるんだね。ありがたい。」
 

混ぜることが出来ませんでした♪

いや~、ホントにありがたかったです。
鉄板があるお好み焼き屋さんでは、自分たちが焼かなければならない、と思っていたので、大助かりです。
 

   記事に全く関係無い、いつかの隊長
   粉もん繋がりということで

本当に具がたっぷりで、混ぜるのが大変だったんですよ。
私が下手だからじゃないんです。(←言い訳)
 

そして、焼き上がったお好み焼きが、運ばれてきました。
 

3人 「大きい!」(DXだからね)
 

牛タン定食でお腹が膨れているのに、食べられるのか?と、思ったのですが、ふわっふわで、重たくありません。
 

隊長 「案外、食べられちゃうね。」

そら&さとう「かなりお腹いっぱいだけどw」
 

そして、なんとか完食。
 

そら 「あ、また写真撮るの忘れた。」

さとう「食べるのが優先だからね。」
 

ということで、牛タン定食とお好み焼きで、満腹になったのでした。
 

※夕飯は食べられず、次の朝も、まだお腹いっぱいでした。トシだろうか…。
 

(食べログ 一万城)HP探しましたが、見付かりませんでした…。

 


次回の算命学基礎理論ブートキャンプは、7月16,17日(土・日)です。
 

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL