虫歯になりにくい?

先日、10数年ぶりに歯医者に行きました。
 

先月あたりから、歯のあちこちに痛みが出て、とうとう歯も老化を迎えたかと、歯医者に行く決心をしました。(歯の治療が苦手です…)
 

歯医者さんの選定は、朝早くから診療しているか、或いは、夜遅くまで診療しているかで探しました。

お仕事をしている人達も、同じ基準で探す人が多いのでは無いでしょうか。
 

お店から、さほど遠くないところに、20時半まで診療している歯医者さんを見つけ、行ってきました。
 

その歯医者さんは、全て個室で治療が行われ、レントゲンを映し出すモニターがそれぞれの部屋に設置してあります。

自分の歯のレントゲンを見て、ところどころに歯垢が溜まっているのが分かりました。
そして、虫歯らしきものも。
 

歯医者さんは、若い女医さんでした。
 

ライン秋の味覚

女医さん 「お口の中、全体を確認しますね、それでは口を開けてください。」

女医さん 「10年以上ぶりにしては、綺麗ですね。見た限りでは、虫歯は見当たりません。」
 

見た目には、虫歯は無いそうなのですが、詰め物の下に小さな虫歯があるようでした。
すると、女医さんが。
 

女医さん 「虫歯になりにく体質のようです。虫歯が痛むのでは無く、知覚過敏ですね。」
 

なんと、私は虫歯になりにくいんだそうです。
その理由を聞かなかったのですが、後から調べたら、
 

1.強いエナメル質(酸などに対する抵抗する性質のもの)を持っている
2.唾液の分泌量が多い (唾液には、抗菌作用、殺菌作用など虫歯を抑える成分が含まれる)
3.赤ちゃんの時に、虫歯菌に感染していない

という、3つの理由があるそうです。
 

1.については、歯に良い食べ物として、カルシウムが上げられますが、小さい頃は煮干しやら小魚が食卓に上がっていました。元々、骨太なので、胎児のときに母親も小魚を食べていたのかも知れません。(沼津に住んでいたので)
 

2.については、よく固いものを食べていたと思います。唾液の分泌には、顎をよく動かすことが大切なので、柔らかいものばかりを食べていると、唾液の量が少なくなります。
 

3.は、両親が私にキスをしたり、口移しで食べ物を与えていなかったのでしょう。
 

私には、3つの条件全てが当て嵌まっていたので、女医さんが言った「虫歯になりにくい体質」は、当たっているようです。
 

しかし、知覚過敏の他に、歯周病も指摘されたので、虫歯にならないとは限りません。
しっかり治療して、適正な歯のブラッシング顎をよく動かすようにしたいと思います。
 

歯のメンテナンスも大切ですね。
 

NIKKEI全国社歌コンテストさる山さる子に投票する 

 

次回の算命学基礎理論ブートキャンプ

2021年11月27,28日(土日)です。
詳しくはこちらをご覧下さい。

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL