破損、迅速、丁寧

先日、仕事で使用する、ある物をネットで注文し、宅急便で届きました。
すると、宅急便屋さんが、
 

宅急便屋さん 「あの、箱が破損してしまって、中身まで破損していないか確認をして欲しいのですが。」
 

言われた箇所を見ると、確かに箱が破れていて、中身が見えています。
中身はポスター類の紙なのですが、中身を出すまでもなく、若干折れ曲がっているのが見えました。
 

さとう 「ぁあ、折れてます。確認してください。」
 

今度は、お互いの同意を得るために、宅急便屋さんにも確認してもらいました。
 

宅急便屋さん 「あ、そうですね。直ぐに先方に連絡して、再発送の依頼をします。少し、お時間がかかってしまうかも知れません。」
 

さとう 「大丈夫です。お願いします。」
 

それを使うのは、少し先だったので、余裕で答えましたが、これが切羽詰まっていたら、どうしただろう?と、ちょっと思いました。
それでも、やっぱり時間がかかっても変えてもらっていたでしょうが、宅急便屋さんに、怒りをぶつけていたのかも知れないな~って。(人間が出来ていないものでw)
 

たぶんなのですが、その荷物を破損させたのは、目の前にいる宅急便屋さんじゃないなと、その時思いました。
それは、物をぞんざいに扱うようには、見えなかったからです。
 

そうして、宅急便屋さんは、届けに来た荷物を持って、去って行きました。
そして、翌日のことです。
 

昨日の宅急便屋さんが、再び現れました。
まさか?
そのまさかが起こりました。
昨日の今日で、新品の品物が届いたのです。
 

さとう 「え?もう届いたのですか?」
 

宅急便屋さん 「はい。届きました。」
 

宅急便屋さんも、とても嬉しそうにしていました。
そして、その荷物を見ると、「あ。」ってなりました。
 

昨日、届けられた状態とは打って変わって、絶対に破損させないような状態で包装されていたからです。
 

送り主の方も、自分にも落ち度があったと、そう思ったのでしょう。
1回目のときの包装は、長い箱の中に、そのままポスターの類が入っていたのですが、今回は、箱ごとプチプチ(分かります?)で包まれており、中を取り出すと、ポスターにまでプチプチが巻かれていました。
 

さとう 「お~、凄い。めちゃくちゃ頑丈になってる。」
 

ポスターは、大事にプチプチ達に守られて、無事に私のもとに届きました。
このとき、宅急便屋さんも送り主も、迅速に、そして今度は丁寧に荷物を出荷し、運んでくれたんだなぁって、とても嬉しくなりました。
 

当たり前のことかも知れませんが、この迅速さや丁寧さは、商売をする上ではとても大切で、二つの業者さんを見ることで、私自身も勉強させていただきました。
 

迅速で、且つ、丁寧な対応に、感謝します。
 

算命学講座のご案内

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL