相手に変わって欲しいと思うとき

目の前にいる人の行動や言動が、どうにも我慢が出来なくて、「変わって欲しい」と願うことってありますよね?
 

でも、ほとんどの場合、願っても、言葉で伝えたとしても、相手はそのこと自体に困っていないので、変わることはありません。
 

では、どうしたら相手は変わってくれるでしょうか。
昔から、言われている通り、『自分が変わる』『自分から行動する』しかないのです。
 

とにかく、言葉で伝えても無駄なので、態度で示すしかないのですが、自分が相手に困っているくらい、いや、その倍以上のエネルギーを使って、行動で示さなければなりません。
 

例えば、子ども、或いは、夫(妻)が、朝、目覚ましが鳴っているのに、起きてこない。
なので、起こしに行くのですが、これが自分にとっては、とても苦痛でしかないとします。
「起こすくらい、いいじゃない。やってあげなさいよ。」と、思われる方もいらっしゃるでしょうが、「起こすのが当たり前」と思っている人を起こすのは、本当に苦痛なんです。
 

人を変えるのには、どうすればいい?

じゃあ、この解決法は、というと、「起こさない」です。
 

当然、学校や仕事に支障(遅刻)を来すわけで、その上、起こさなかった自分が、その人達から責められます。
普段、「起こしてくれてありがとう。」という言葉も無いのに、起こさなかったら、「なんで起こさないんだ!」と言われるわけです。
 

しかし、誰に原因があるかのか?と聞かれたら、イライラしながらも、起こし続けてきた自分にこそ責任があるのです。
なので、その行動を変えるとなると、そのイライラを重ねた分だけ、自分も同じくらい大変な思いをしなければなりません。
 

波

長年続けてきた習慣は、一朝一夕では、変わりません。
遅刻するのが分かっていて、怒鳴られるのを分かっていて、起こさないのですから、相当の辛抱強さを必要とします。
きっと、途中で、「自分がやっていることは正しいのだろうか?」と迷うこともあるでしょう。
 

しかし、途中で止めてしまっては、今の苦痛からは逃れられません。
相手の行動を変えることが目的なので、自分もそれなりの覚悟が必要になります。
こうして、自分自身の行動を変えることによって、相手の行動がやっと変って行きます。
 

「何かが変われば、自分も変われるかも知れない。」と、思う人がいますが、外に求めている以上は、何も変わらないということです。
変化を求めるなら、自ら行動しないと、本当に何も変わらないのです。
そして、それには、少なからず我慢と苦痛が、伴うことになります。(人により大小の差はあると思いますが。)
 

自分と相手との関係を、良くしよう、居心地の良い場所にしようと思うなら、まず自分から変わる、ということを意識してみてください。
いや、本当に大変ですから、相手を変えるのって。


算命学講座のご案内

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL