ものの価値を知る


昨日の記事にあったように、こうして、隊長と私(さとう)は、動画を撮るために、そらちゃんがいつも行っている美容院に行ったのだが、この2人、美容院に行ったあとに発する言葉が同じ内容で、私たちは爆笑したのである。
 

隊長がカットしたのち、そらちゃんと共に店に現れた。
 

さとう 「あ!良いじゃない!格好良くなってるよ!」
 

隊長 「いつもの○倍の代金ですよ!」
 

さとう 「私だって、○万円だったよ!」
 

そう、この2人は、ヘアスタイルを褒められたら、直ぐにお金のことを持ち出すのである。(笑)
 

しかし、それは、『高すぎる』と言っているわけではなく、それくらの施術代金であった、という事実のみを言っているにすぎない。
2人とも、その実力のある技術にとても満足しているので、『高くて当たり前』という認識なのだ。
 

このように、値段の『高い』商品や技術に対する価値観というものを、今回の『APICAL』さんと、先日記事にした『竹乃屋』さんで、知ることとなった。
 

価値が分かると

それは、提供するものの質がとても高いと、それを受け取った側は、値段を気にしなくなるということだ。
支払いの段になったとき、自然にお財布からそれに見合った金額を、スッと出すというか、そんな感じになるのだ。
 

品質が高いとは、そういうことなんだなって、知った。
それを考えたとき、隊長、そらちゃん、れっささんの3人で作り上げた『算命学命式算出ソフト』を思った。

あのソフトも高額だけど、あれだけ購入者が多いということは、高品質だと認識してもらっているということだ。

そして、高額だったにもかかわらず、お客様達は、折に触れてお礼を言って下さるのだ。
 

その品物の価値を認識するということは、それ以外のことを知っていないと分からないわけで、それらに関する知識を持っていないと判定出来ないということだ。
 

そして、私は気づいた。
私もものの価値を、ちょっと知ることが出来るようになったのだなと…。
これも、1つの成長なのである。(もっと早く成長したかったが。)
 

算命学講座のご案内

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL