『プチ更年期』と呼んでいる

※昼からの会議が長くなりまして、ブログアップが遅くなりました!
 

40代になりたての方は、まだ更年期には、ほど遠いと思っている方もいらっしゃるでしょうが、更年期に似た症状が、41~44才くらいの間にやってくることがあります。
 

『プチ更年期』とは、私がつけた名称ですが、この時期が本当に辛くて、精神科に行こうかと思ったくらい、精神がやられる時期があります。
これは、私の経験談であり、そして、同世代の女性が抱えている問題でもありました。
 

私の場合は、42~3才の頃だったと思います。
朝起きて、家事を始めるのですが、どうにもこうにも身体がいうことを聞いてくれません。
頭では、いつものように家事を「やろう。」と思うのですが、身体が怠いというか、重いというか、とにかく「いうことを聞いてくれない。」という状態が、毎日続いたのでした。
 

普段やってきた家事が出来ないのは、本当に辛く、それが長く続くものだから、そのうち、自分は「怠け病」になってしまったのかも知れないと思うようになり、それが進むと、精神的な病なのだろうかと、病院へ行くことも考えました。
 

その状態が二ヶ月近く経った時に、母に自分の状態を話したのです。
 

さとう 「熱も無くて、どこかが痛いわけでもないのだけれど、とにかく身体が怠くて、動くことが出来ないの。頭では、やろうと思うのだけれど、出来なくて…。それが辛くて仕方が無いの。病院へ行った方がいいのかな?」
 

すると、母がこう言ったのです。
 

母 「ぁあ、私もあなたくらいのときに、同じ様な症状が出たわよ。でもね、通り過ぎるから大丈夫。あれこれ悩んで自分を責めると辛くなるから、『こういうときもあるのね。』くらいに思っていたら、いつか抜けるから。」
 

さとう 「え?お母さんにもあったの?そうなんだ、そういう時期があるのね。分かった。もう無理して、何かしなければって思わないようにする。」
 

母 「そうそう、怠い時には少し横になって、それから動き出せばいいわよ。」
 

母のアドバイスを受けて、怠い時には横になり、1時間くらい寝ると、身体が動くようになったのでした。
何も出来ない日もあったので、私は、家族に今の自分の状態を話し、家事が出来ない日もあるかもしれないと、伝えたのです。
 

家族は理解してくれのかどうかは、分かりませんが、口うるさい(笑)主人もそのときは、何も言いませんでした。
すると、気がついたら、身体の怠さが無くなっていたのでした。
 

自分を責めない

それから私は、同じ年くらいの友人に電話をかけ、自分の症状を話したら、その友人は、半年くらいその状態が続いていると言い、私と同じように、精神科に行こうかと思っていたそうです。
それを聞いて、また違う友人にも話してみました。
まったく同じ症状で悩んでいたのです。
 

友人達にも、母からのアドバイスを伝え、気を楽にして、いつか過ぎるから大丈夫と励ましたのです。
 

つい先日も、40代のお客様が、同じ様な症状で悩まれていました。
随分、長い期間、続いているようでした。
 

症状が長引いてしまう一つの原因は、「~しなければならない。」という責任感の強さや、真面目さにより、家事をしない(出来ない)自分を責めることにより、悪化させてしまうようです。
 

とにかく自分を責めないで、今はそういう時期なんだと気を楽にして、怠い時には横になる、ということをお勧めしました。
 

もしも、このような症状で悩んでいる方がいらしたら、参考にしてみてくださいね。
 

ただ、他の病気が隠れている場合もありますので、病院で診てもらうことも大切です。
婦人科では血液検査で、更年期障害か否かが判明するらしいので、そちらで検査を受けてみても良いと思います。
 

算命学講座のご案内

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL