呼吸が浅いときには、

外出を控え、家に閉じこもり気味の方が、多くいらっしゃると思います。
家で積極的に運動をしている方は大丈夫ですが、そうでない方達は、呼吸がとても浅くなっており、頭痛を引き起こす方も見受けられます。
 

運動が足りていないので、筋肉の衰えから、姿勢も徐々に悪くなり、身体が前に倒れることで、横隔膜が縮んでいきます。
その状態が長く続くと、横隔膜が硬くなり、呼吸をしても胸が広がらず、呼吸が浅くなっていきます。
 

横隔膜が硬くなっている状態を改善するには、歩くのが一番なのですが、外が暑くて無理、雨が降っていて無理なときには、横隔膜のセルフ整体をお勧めします。
 

先日、仕事のしすぎで、体調を崩した隊長に、私がした施術ですが、一人でも出来るので、呼吸の浅さが気になる方は、是非やってみてください。
 

写真は、立った姿勢ですが、実際に行うときには、仰向けに寝た方が良いです。
肋骨の下に手が入りやすいので、必ず寝た姿勢で行って下さい。
 

写真のように、肋骨の際に四指をグイとめり込ませるのですが、押し込むときに息を吐きながら押し込みます。
一番上の方から、肋骨に沿って下に向かって、手を移動させます。
それを、繰り返し(5回くらいでいいかな)行って下さい。

痛みを感じる方は、力を緩めて、何回か繰り返し行って下さい。
 

それが終わったら、立ち上がって、両手を上に上げて(バンザイする)、息を吐きながら、思い切り伸び(お腹を伸ばすように)をしましょう。
 

どうですか?
少しでも呼吸がしやすくなりましたか?
 

まだだなと思った方は、もう一度やってみましょう。
だいぶ、呼吸が楽になると思います。
 

算命学講座のご案内

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL