けっこう使える物理法則

今回は、さとうの記事に解説する形で、使える物理の法則ついての話を進めていきます。

 

『ぐるぐるしてるとき 』  文 : さとう

先日、お客様から、

お客様 「りえさんも『ただ見る』を10年くらい続けているって、そらさんから聞きました。」
 

りえ 「はい、ずっと続けていますよ。その間、なが~いこと、ぐるぐるしてた時期もありましたけど。笑」
 

私は、お客様から、「りえさんも、続けているんですか?」ということを、よく聞かれる。

『ただ見る』の方法が中々掴めなかったり、今、まさにぐるぐるのまっただ中にいて、どうしたらいいのか、と立ち止まったりしている人から話しかけれる事が多い。

私は、とても不器用で頑固な性質なので、『ただ見る』のコツを掴むまで、とても時間がかかり、明後日の方向へ行ってしまう事も度々あった。

その度に、そらちゃんが近くで、「これこれ、そっちじゃないよ。」と軌道修正してくれるのだが、その修正にも乗る事が出来なかったときもある。

なので、ぐるぐるしている人の気持ちも、焦ってしまう人の気持ちもよ~く分かるのだ。(笑)
 

りえ 「ぐるぐるし始めたら、考えるの止めたらいいですよ。ぐるぐるしてる時って、ただぐるぐるするだけで、脱出方法は、止めるしかないんです。」
 

お客様 「あ、その時は、考えなくて良いんですね。次に何かを感じた時に、そのとき、また掴めば良いんですね。」
 

りえ 「そうです、そうです。私は、ぐるぐるしていたとき、

   『もぉ~~~~やだ~~~~!ぐるぐるしたくなくても、しちゃうよ! 』

    って、思ったんです。それに疲れ果てて、

   『だったら、いつまでもぐるぐるしてれば?』って、諦めたら脱出する事が出来たんですよ。笑」

 
お客様 「そうなんですね、良かった。少し考えるの止めます。笑」
 

こうして、私があちこちぶつかりながら『ただ見る』を実践して来た事が、少しでも皆さんのお役に立てたら嬉しいって思うのであった。

今も色々あるけれど、『ただ見る』のお陰で、昔よりずいぶんと、心の平安は保たれているように思う。

『ただ見る』を実践中のみなさ~ん、一緒に頑張りましょうね~!
 

2016年03月03日 (さとう)
 

さとうの記事について解説します

そらまめイラスト

 
りえ 「そうです、そうです。私は、ぐるぐるしていたとき、

   『もぉ~~~~やだ~~~~!ぐるぐるしたくなくても、しちゃうよ! 』

    って、思ったんです。それに疲れ果てて、

   『だったら、いつまでもぐるぐるしてれば?』って、諦めたら脱出する事が出来たんですよ。笑」

 
 

という部分を読んで、あることを思い出した。

 

物理の先生のはなし

学生時代、物理の授業中に、先生がこんな体験談を話してくれたことがある。

 

冬の雪の日、車の運転中に、タイヤがスリップして、左側のガードレールにぶつかりそうになった。

慌てて急ハンドルを切ると、うまくハンドリング出来ず、右側のガードレールにぶつかりそうになった。

それでまた急ハンドルを・・・と、そんな風に蛇行運転を繰り返すことになった。

 

しかし、物理を思い出し、ハンドルをタイヤの向く方向に任せると、スッとコントロールが自分に戻って来て、蛇行から抜けられたという話だった。

 

このメカニズムを、物理を使って、説明してくれたのだった。

 

学生時代に、この話を聞いておいて、本当に良かった。

なぜなら、大人になってから、私も高速道路を運転中に、全く同じシチュエーションに見舞われたからである。

 

ぶつかりそうになり、とっさに反対側に急ハンドルを切る。

すると、コントロールを失った。

そして、何度か蛇行を繰り返した時、先生の話を思い出した。(私が思い出したのは物理ではない)

そうだ、流れに任せよう。

そう思った途端、暴れていた車が、スッと私の所に戻って来たのである。

 

何かを変えようと焦っている限り、うまくいかない。

しかし、状況を何とかすることをあきらめ、「ま、いいか」と思えると、すぐにうまく行き始める。
 

物理の法則に通じる

感覚的には不思議に感じるかも知れないけど、これはただの物理法則である。

そして、この法則は、他のあらゆることに使えた。

さとうがぐるぐるから抜けたのも、まさにこの法則に合致したからだ。
(とっとと教えてやれよと思うかも知れないが、教えても受け取らなかったんだよ。)

 

他にも、雪の日の運転中に、雪が自分の方にどんどん向かって来るように感じた時も、別に吹雪いている訳では無く、止まってみると、雪はただその場でちらちらと舞っているだけだった。

それで、雪が自分の方に向かって来ると感じる時は、自分の方が動いているということなのだと知った。

 

そうして、状況に変化がないのに抵抗感を感じるようになった時は、自覚がなくても自分が動いている時なのだと判断すればいいのだと思うようになった。

 

こんな風に、物理法則は幅広く応用が利き、観察から得た法則は、あらゆることを私に教えてくれたのである。
(私の言う事、不思議に感じる人も多いかも知れないけど、ほとんど物理法則なんだよ!)
 

2016年03月04日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL