行動できない人へ

物事を変化させるには、行動が不可欠で、精神のみを鍛えたところでどうにかなることはありません。
私も、ただ見るで自分を観察する作業をおすすめしていますが、何のために自分を知るのか、何のために心を整えるのかというと、行動をし易くするためです。

私の場合は、やりたくないと感じることがあったとして、その気持ちに向き合って原因を特定し、解消させることで、行動がスムーズになりました。
例えば、失敗したくないという思いがあることに気付いたら、『失敗しても大丈夫』『経験から学ぶことができれば、それは失敗ではない』と腑に落とすことで、行動し易くなったりするわけです。
 

人は、行動することによってしか、人生を作って行くことはできません。
また、なにかを学んだところで、行動が伴わなければ、浅い(使えない)ものとなります。

今ほど家電が充実しておらず、便利でなかった頃は、ただ生きるためだけにも行動が必要だったわけですが(畑仕事をしたり、川で洗濯するなど)、便利になってしまった今は、さほど行動しなくても生きていけるわけです。

元来、行動したくない性質を持ちがちで、しかも環境に恵まれている人は、何もせずに日々生きてしまうことができるわけで、そういう人は余計に行動を意識しておく必要があると思います。
 

行動できる人は、ほんの一握りだった

しかし、今まで、いろいろな方を見ていますが、いくら心を整えても、いざ行動が必要となった時に実際に行動に移せる人はほんの一握りで、ほとんどの人は行動できないのだということが分かってきました。

自ら行動に移せない人は、ムリヤリ行動させられるような状況がやってきますが、それでも逃げ続けると、あらゆる方面からの応援が得られなくなり、そのうちチャンスすら与えられなくなります。
 

古今東西のいろいろなリーダーの話でも、人生には行動が必要なのに、ほとんどの人が行動できないという内容が、よく出てきます。
日本の名だたる著名人を育てた中村天風さんなども、常に『ご実行を!』と、悲痛な叫びをしておられました。

一流のリーダーとなる人達は、当たり前に行動するからそうなるわけで、なぜ人が行動できないのか意味が分からず、当惑してしまうと思います。
だって、今の状況のままでいるより、ちょっと行動した方が楽になるのに、なぜやらないのか、さっぱり理解できないわけです。

しかし、自分はリーダーになるつもりはないからと言って、行動しないでいると、人生がどんどんやせ細り、まともな生活すらも送れなくなります。
 

会社員の例

例えば、会社からやった事のないワンランク上の業務を命じられたとして、それができるかどうかは別として、「やります!」と二つ返事で引き受ける人と、「やったことがないのでできません」と断る人がいたとします。
 

当然、期待されるのは前者です。
たとえ、実力が足りなくても、上司や周りがフォローしてくれますので、ほとんどのことはなんとかなります。
そして、次々と新たな挑戦のチャンスを与えられ、どんどんをつけていくのです。
 

一方、後者は、その場ではうまく逃げられたと思うかもしれませんが、周りの期待と信用を失います。
しかし本人は、『うまく逃げられた』という成功体験を元に、同じ方法を使って逃げ続け、くり返すうちに逃げ癖がついていきます。

一回の逃げで失う期待と信用は少しかも知れませんが、度重なると加速度的に大きくなります。
そうして次第に周りは何も期待しなくなり、いずれ何も言わなくなります。
 

何も言われなくなって、イヤなことから逃げ切れたと、満足でしょうか?
 

時が経ったとき、前者と後者の生産性には、格段の差ができています。
周りが何も言わなくなったとき、会社の中での後者の生産性はなくなり、前者の高い生産性によって得た利益を吸い取るだけの、やっかいな存在になっているのです。
そこに、居場所など、当然ありません。
 

流れにも同じことが起きる

これと同じことが、人生の流れの中でも起きます。

目の前に起きることにちゃんと立ち向かって行動する人と、そこから逃げ出す人の間の実力差は、ある程度の年齢を重ねたときにものすごいものになっていますし、逃げ続けると、ある時点から、変わるチャンスすらも与えられなくなるのです。
 

流れは結構辛抱強くて、何度も変化のチャンスを与えようとがんばってくれますが、それにも限りがあり、『もう知らんわ』ってなる時がある。
その人を何とかしようとするより、他の人や何かにエネルギーを向けた方がいいやとなるわけです。
流れから匙を投げられる前に、なんとか行動できるようになっておいた方が良いと思うのです。
 

ですので、これから数日かけて、『行動できない』ということについての記事を書いていきます。
 

ブログランキングに参加しています

  • 一日一回、応援クリックしていただけると、励みになります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 にほんブログ村へ

算命学格法の事例研究にご協力お願いします

  • 1940(昭和15)年4月7日
  • 1945(昭和20)年9月13日
  • 1962(昭和37)年3月5日
  • 1978(昭和53)年6月25日
  • 1983(昭和58)年12月1日
  • 1989(平成元)年5月9日
  • 1994(平成6)年10月15日

 以上の生年月日の方は、ぜひご協力下さい!
 詳細はこちらをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL